ウェビナー

聴講方法:オンライン見本市「燕三条ものづくりメッセ2020」にエントリー(ログイン)いただき、ホーム画面のTOPバナー下にあるプルダウンメニューからアーカイブ配信にて聴講ください。

パネルディスカッション

日時 1022日(木) 15:30-17:00

コロナ禍が続く困難な状況下でのものづくり中小企業を考える-グローバル・ニッチトップ企業等の対応と今後の展開-

新型コロナウイルスの感染拡大は終息が見えず、ものづくり中小企業の経営に大きな影響が出ています。ユニークな経営方針で自社をグローバル・ニッチトップ企業に高めた企業のトップが、今の状況下で何を考えどのように行動しようとしているか意見交換し、ものづくり中小企業の今後の展開を考えるためのヒントにしていただきたいと思います。

技術講演会

日時 1023日(金) 13:30-16:00

「中小企業での金属3Dプリンタの活用」

金属3Dプリンタ(AM:Additive Manufacturing)装置の開発が進み、導入する企業や研究機関が増えてきています。中小企業でも導入が検討されていますが、高額で、十分に特性を生かして活用するのは困難なことから、未だ導入は少数です。うまく活用する方法は、大学や公設試験研究機関(公設試)など研究機関との共同研究で進めていく事と考えられます。本セミナーでは中小企業との共同研究を進めている大学や公設試の研究者、そしてTRAFAM(技術研究組合次世代3D積層造形技術総合開発機構)で開発した装置を公設試に導入した企業から、3Dプリンタの活用について講演いただきます。また燕三条からは3Dプリンタ関連の開発事例を紹介いただきます。

13:30	開会挨拶,13:40-14:20 「金属3Dプリンタがもたらす「ものづくり」の変革にむけて」金沢大学 設計製造技術研究所 教授 古本達明氏,14:20-15:00	「金属3Dプリンタ活用術~従来製造技術との融合~」石川県工業試験場 機械金属部 副部長 舟田義則氏,15:00-15:40	「金属3Dプリンタの活用と課題」三菱重工工作機械(株) 取締役 二井谷春彦氏,15:40-16:00燕三条での取り組み:「3Dプリンタ樹脂造形品のめっきについて」(株)高秋化学 代表取締役 高橋靖之氏/「3Dプリンタ造形品の研磨技術について」(有)徳吉工業 代表取締役 徳吉淳氏
三菱重工工作機械(株)様提供
Ti6Al4Vダクト(造形品)

出展者プレゼンテーション