トップページはこちら ページトップ

燕三条ものづくりメッセとは?

燕三条の職人が蓄積してきた作業工具・刃物やステンレスを中心とした金属材料の加工技術、生産技術、企業間の連携などが融合して安定した品質の部品や製品を国内外に供給しているものづくりの集積地「燕三条」で開催する展示会で、燕三条の特徴的な製品や各種加工機器などが一堂に会します。


オンライン見本市として開催決定出展企業募集開始!

今まで6年間にわたり連続開催してきました「燕三条ものづくりメッセ」は、出展者数が260社・団体、来場者も12,000名を超える、名実ともに日本海側最大級の展示会として認知されるようになりました。しかし新型コロナウイルスの感染終息が見えず、開催予定の10月に本展示会のような大規模イベントを安全に開催する目途は立っておりません。
そこでWeb上で展開された展示会マッチングサイトで、来場者(ホームページアクセス企業)と出展者(企業データ、動画など公開企業)をオンラインでの商談の場として提供し、燕三条地域の産業活性化と地域外企業との連携によるビジネスチャンス拡大、ものづくり技術の情報発信を目的に、『オンライン見本市「燕三条ものづくりメッセ2020」』として開催いたします。

出展募集要項はこちら 出展申込はこちら
燕三条ものづくりメッセ イメージ